homecoming

by usual name

/
  • Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

     name your price

     

1.
2.
04:20
3.
04:48
4.
00:44
5.
02:34
6.
7.
03:28
8.
03:34

about

全曲でギター、ベース、ドラムを使用したロックアルバム

credits

released September 18, 2013

・usual name
usualname.com
kato manabu
nakamura syuto

・cover
illustration:Ayuwringal
dl.dropboxusercontent.com/u/62995538/index.html
design:nakamura syuto

・guest musicians

“Fuck your opinion”
sanmi
sanmi.bandcamp.com
キドウラコウイチ from 水軍,Kiyasu Orchestra
soundcloud.com/kouichi-kidoura
ike

“閃光”
飯田カヅキ from strange world's end
strangeworldsend.web.fc2.com

“らせん”
武田新 from Thee SAVANS,対新
theesavans.jimdo.com
タイタン=カヤマ・ユウジ from Thee SAVANS,対新
theesavans.jimdo.com
sayu
twitter.com/tear_saxxx

“king of meat”
ツカーサ from VAMPIRE PLEDGE
vampire-pledge.vivian.jp

“bad sense of humor”
直江実樹 from ガリノイズ,実ズ,MIKIKAWOL
blog.goo.ne.jp/mikinaoe42_12/
ARUHI from AsianClackBand,マリア観音
a-p-x-n.tumblr.com
reeeta from Kiyasu Orchestra
underdog1372.cocolog-nifty.com/blog/

“718”
田中雅紀 from CHARTREUSE,ガンキョー4
blog.goo.ne.jp/pengin_13

“zekka”
鮎chan from Ayuwringal,BokT-PantS
dl.dropboxusercontent.com/u/62995538/index.html
朴たまの from 鳥の血に悲しめど、魚の血に悲しまず
uotori.yu.to/uotori/About.html

(参加曲順、敬称略)

tags

license

all rights reserved

about

usual name Tokyo, Japan

加藤学と中村修人による音楽ユニット
2012年より活動開始
外部の作曲家や演奏家と積極的にコラボレーションを行い、
音楽性を限定させず、様々なジャンルの楽曲を制作する
自身の作品制作以外にもBGM提供が盛んであり、
多くの映像作品や展示会などに携わっている

kato manabu…
bass,keyboard,guitar,etc / 1983.6.16 / AB
nakamura syuto…
drum,percussion,bass,etc / 1984.5.18 / AB
... more

contact / help

Contact usual name

Streaming and
Download help

Track Name: 閃光
流れる 景色すら
煩わ しく思える

あの日 俺が見てた
いつか 君が望んだ
未来は始めから無いって

一体何期待すんの
いい加減 諦めなよ
報いは終わりにも無いって

知れよ

波打つ 動脈が
奏でる 希望は嘘

人間の心なんて
ただの電気信号さ
総ては一瞬で消えてく

だけど 今もこんなにさ
満たさ れない感情は
どうして頭を巣喰うんだ

死ねよ

あの日 俺が見てた
いつか 君が望んだ
未来は始めから無いって

一体何期待すんの
いい加減 諦めなよ
報いは終わりにも無いって

越えてゆけ
超えてゆけ
Track Name: らせん
ほら見てごらん ほらまた変わる 何かが何かに 別の何ものかに 
永遠はあるだろう 誰の手にも入らない 永遠はあるだろう もし永久の迷宮を望むなら
雨が降りしきる 銀色に染め上げる 雨にずぶ濡れる その中を歩き現れ去る
ほら見てごらん 新しいものが古いものになり代わりまた古いものに変わる

ベッドのクイーン 寝不足のプリンス 王が死に生まれる 度に演じられる狂言 壮大な冗談 
祝砲の下に 簒奪者 継承者 の交わす握手 拍手喝采熱狂のうねり 
そこへ紛れ込み けしかけてやればたちまち 目論見通りに 英国留学を果たし
帰還せる愛しいハムレットオフィーリアの死すらうち捨てる生まれついてのマザー・ファッカー
不穏当なら悩めるバンビに
毒を与え血を啜り錆びた剣を 玉座並びに後世に捧げ遺し伝える
俺の名を呼ぶがいい 古より紡がれる 大いなる業 御心によるらせん

さあ 俺を退けろ 俺を殺し その手から逃れろ 俺を否定し
平和と愛と友好の中に進歩を調和を発展を見出し
お前たちの勝利を宣言するがいい さあやってみせろ 
(あまりにも)俺を生かす 奴らがあまりにも多過ぎる 退屈に過ぎる
刺激がない 張りあいがない だから そう またリセットしよう
相手にならない小物 話にならない下衆ども
使えないわらえない暇つぶしにもならないものはもう
そろそろ灰へ還し 新たな遊び相手としてお前たちを選ぼう
さあやって見せろ ご大層なご立派な理想や正義を掲げ進め

リズムに任せ 踊り狂え 気分のままに 燃やし尽くせ
リズムのままに 踊り狂え 気分に任せ 喰らいわらえ
終わりがくるまで すべてはつづく 手順を踏んで あるいは踏まず
ワラでできたロープをわたる 恐怖が炎に消えるまで

ほら見てごらん ほらまた変わる 何かが何かに 別の何ものかに 
永遠はあるだろう 誰の手にも入らない 永遠はあるだろう もし永久の迷宮を望むなら
雨が降りしきる 銀色に染め上げる 雨にずぶ濡れる その中を歩き現れ去る
ほら見てごらん 新しいものが古いものになり代わりまた古いものに変わる

お祭りの始まり フェイスブック 増殖する顔カオかお 顔の洪水カオスノイズ 脳内を占拠し 
パレードへ押し流す 花火の下に 火の手が上がる 拍手喝采熱狂の果てに
政府によるデモの弾圧 銃撃による死者多数 ソースはツイッター 興奮ヒステリー感情の垂れ流し
信じることから全ては始まる街頭へ集え愛国憂国の市民諸君変革の時はきた
やっとまた面白くなってきた 騒動に暴動に血みどろのお祭り
この果てに玉座に座る者がだれであろうと 今はただらせんに飾れ もっと血を(もっと光を!)

今度こそ 俺を殺し その手から逃れろ 俺を否定し
平和と愛と友好の中に進歩を調和を発展を見出し
お前たちの勝利を宣言するがいい 武器はくれてやる しっかり狙え
ゴージャスな饒舌 空虚を膨らます だけ膨らまし 
風船を針でつつくようにパンッ でおわり
完全な断絶 共感を笑いのめし 叩きのめし 
韜晦のど真ん中に放置 ただしもしそれがあればの話 
さあ誓うがいい 
悪魔を退けるか? ――悪魔を退けます
悪魔を憎むか? ――悪魔を憎みます
誓うか? ――誓います
よし お前を祝福しよう 武器を手に取れ
Track Name: king of meat
I ate corned beef for the first time today
I ate corned beef for the first time today

This processed food had a subtle taste

I am a gunmakenmin
I am a vampire
Track Name: 718
夜の商店街の一角、
辺りは静まり返って人々の影は疎ら
帰れない人達は
ライブハウスに潜り込んで長い宴を始めている
大量のアルコールと感情の海に溺れながら
コンクリートの空に笑いと涙を浮かべる
外にはもう朝が来ている事を誰も知らない

夜行バスは人々と荷物を乗せて各地へと走り去って行く
東京、大阪、福島、茨城、仙台、盛岡、いくつかのサービスエリア
そしてまだ行った事の無い土地や街
テールランプが目的地へと照らしている
バスの中のカーテンは閉められて
現在地を知る事が出来ない

突然の夕立
街中は軽いパニックに陥る
雷が落ちて交通は麻痺
土の匂いにむせかえる
友人は到着が遅れるとのメール
そして俺は直ぐに友人に返事を返す
ここ数年起きる7月のスコールが
夏の始まりの合図

車に潰されてペシャンコになったカラスの死骸が道路に横たわっている
その上を何台もの車が走り去る度カラスからメチという音が聞こえる
生き物は死ぬと痛みや感情は全て無くなるというが
それを確かめる術は誰も知らない、何処にも無い

気持ちがどんどん弱くなっていく
臆病になって身動きが取り辛い
いつからか俺の頭は観覧車
止まっているようにノロマだ
あ~、あ~、あ~、
応答せよ
理性と魂に呼びかけてみる
そして、魂が答え始める

Something is Everything.

夜の東京の一角、辺りは静まり返って人影は疎ら
帰れない人達は
ライブハウスに潜り込んで長い宴を始めている
大量のアルコールと感情の海に溺れて
コンクリートの空
外にはもう朝が来ている事を誰も知らない

音楽は自由の奴隷だ!
Track Name: zekka
思い散らす、君に会えたら、何を話そうか。君は誰だろう。
現実理想過去現在未来夢現。
対応する。投射する。交錯する。点滴する。
僕は貴方になりたかった。綺麗な貴方になりたかった。
同一に、均一に、貴方の中に溶かし込んで、僕は貴方になりたかった。
僕ではない貴方になりたかった。貴方のような僕になりたかった。
距離が遠いのだ。私と貴方の距離が遠いのだ。
それは50キロにも満たない、電車で30分、それは500キロも超える、
飛行機と旅行鞄が必要な距離、それは壁越しに伝わる声、
それは皮膚を境に感じる体温、それは唇を共用する呼吸。